秋は近所の紅葉が最高♪

#紅葉と実り

色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り
お気に入りの紅葉をショット?
と言えば、
賞をゲット出来る様な、世間様映えする作品は撮れないので、いつものノリで行きます。

足を運べれば、いくらでも紅葉が絶景の名所へ行くのですが、後で疲れてグッタリしてしまえばテンション下がって数日辛い私。
それよりは、近所へ買い物に出た道中に見かける桃や桜の綺麗な事!
そんなので充分に満足です。
c0198256_13320947.jpg
多摩川の近い我が地区の二ケ領用水路は、春は桃桜の名所で、秋はそのまま紅葉します。
c0198256_13330699.jpg

c0198256_13341181.jpg
生活の傍らに楽しめるのが嬉しいです。
c0198256_13384653.jpg
c0198256_13405272.jpg
どうせ皆、植林ですしね。

# by FUKAKEY | 2017-11-17 13:09 | 紅葉と実り | Trackback | Comments(0)

もう子猫じゃない感じ

10月にうちに来た子猫は、
あらゆる物と音にビックリして威嚇しながら食欲旺盛に11月になり、c0198256_0504966.jpg
すっかり打ち解けて、12月になると、
ヒトの入浴中に観に来るようになったり、落っこちたりしながら威嚇はしなくなってました。
大きくなった気がする程度だったのですが
c0198256_0491596.jpg
年が明けて一月になったらこんなになりました。
c0198256_0591865.jpg
c0198256_101835.jpg

c0198256_121541.jpg

野良を体験した期間があるので、外に出たがって鳴きますが、
盛りの鳴き方ではなくて、どうやら親猫の声がして、窓からも見えるらしく、
ちゃんとお別れをしてなかったのかと思うと不憫に思えて、出してみましたら、
家の周りと多分お母さんの出てくるあたりを偵察してから戻ってくるんですよ直ぐに、
また出て行くけど何度も何度も戻ってくる。
嬉しそうにぴょんぴょん飛んで戻ってきます。
ご近所さんは幸いにも猫大好き、動物爬虫類も好きな家ばかりです。
そんな状況なので、
ご飯を食べに戻ってきても、もうちょっと出て良いよと玄関を猫一匹分開いて、
戻ってきて寝ちゃうまで開けっ放しにしているのであります。
(防犯の為に玄関内側には対策をしとりますぜ)

でも、寒い期間限定であります。
暖かくなるころには盛りがついちゃって行動範囲が広がるので対策するまで出さないです。
# by FUKAKEY | 2017-01-17 01:23 | Trackback | Comments(0)

うちに子猫がきました

10月23日あたりから、近所のコンビニさんとこから子猫の声が聞こえてました。
近所のコンビニさんは、かれこれ私が引っ越して来た30年前の、そのちょい前からコンビニを始めたんだっけ?
その店員であるご家族さん方とは仲良し近所さんで、
アルバイトさんは、従業員教育なんかしないでもそのご家族のしっかりして暖かいところを見習っているかの様で、新しいアルバイトさんが何度いれかわっても気持ちの良い接客をしてくださるのでした。
ついつい私もふざけちゃいます。
「おタバコなので認証タッチしてください」「えぇと~ハタチ♪」「・・・・」「うふふ♪」「えへへ♪」
そんなやりとりがいつもです。

そのコンビニの外横の奥に従業員の休憩所があります。
喫煙したりお茶飲んだりしてアルバイトさんが休憩する場所。
私が娘が好きなから揚げを買って家に戻る時とかにその様子がチョイ見えます。
子猫の声が聞こえるので立ち止まると、店員さんが子猫にカリカリをあげてました。
「親いないの?」
「いないみたいですよ最近この物置の下からおねだりで顔を出すんですよ。それでね・・・・」
どうやら、よくある母親猫が発情期の雄猫に迫られて負けて、子猫が追い出されたというやつ。
子猫はどうにか生まれ巣に戻りたいけど、既に他猫のナワバリになってしまった所に戻れば雄猫に攻撃されて下手したら殺されちゃう。
野生は厳しい~~~!
c0198256_11245634.jpg


冬を越さなきゃいけないその子猫を従業員さんらは飼えなくて、
店長さん宅も既に犬猫5~6匹の大所帯。
うちは銀がいなくなって寂しいけど今事情がゴチャゴチャしているけどな~
保護だけでもしとこうか。一匹ならできる。
と判断して、従業員さんの癒しがなくなっちゃうけど申し出たら「助かります~♪」と言う流れで、
今私のうちにいるのであります。

生後何ヶ月なんだろ、ちょっと野生化してて抱っこできません。
後ろ足の力がウサギみたいに強くて弾かれました。
ペット用鰹のなまり節で釣って釣って、
歩かせてコンビニから三軒目の距離を一時間くらいかけて連れて来ました~。
あ~疲れた・・・・・・

ペット用濡れタオルでゴシゴシ拭いて、
ガッツいているところを小出しして「いくらでもあるから大丈夫だよ~」と長い時間かけて食べさせて、
おトイレ用意して、(砂見ただけで直ぐにわかるのね)、
いっぱい遊んで(もらって)
好きな場所で寝てもらってます。
c0198256_11254446.jpg

家族が帰宅するたびにビビって隠れちゃう。けど、しばらくして出てきます。挨拶は「ウガシャー!!!」
そして、
家族が思った以上に猫遊びが上手くて、子猫に溶け溶けに魅了されて、
保護から”うちのねこ名まえはまだない!”とそのまま家族になったのでありました。

長いこと投稿してなかったくせに、またやっちゃいそうです。むっふ003.gif
# by FUKAKEY | 2016-10-26 11:31 | Trackback | Comments(0)

【殺処分にされてしまいます。どうか助けて】
という呼びかけが毎日絶え間なくて切ないです。

切なくたってうちでは無理なのでハッキリ言ってスルーしています。
もしもだよ
もしも一匹二匹無理に引き受けたところで、
まだ処分される予備軍な動物が全国にいっぱいいて、
また呼びかけられるんだ。
ウツになりそうなんだもの。
ずっとペットの殺処分に注目してはいられないのが現状なんだもん。
どうにかできない自分にイラ立つのが嫌なんだ。

私は聖人ではないから。
見る人によっては、明るく振る舞う偽善な奴かもしれないけど否定はしない。
言った事に対して悪者にされたくないという気持ちがあるからね。

その毎日絶え間ないお知らせに対して、やめて欲しいと言いたいわけじゃないんだ。
脅迫に思える人がいるみたいだし、私もそう感じることがある。
けど、それは自分が勝手にそう感じとっているだけで、呼びかけている人は理由あって必死なんだと理解している。だからそのまま考えの通りにすればいいと思う。
呼びかけに反応して里親になってくれる人がひとりでも決まればホッとするじゃないですか。

自治体ごとに飼い主のいないペットの対処は違うだろうけど、
兎に角、殺処分はなくならないとお知らせも必要になるのでしょう。
殺処分をなんとかできないだろうか・・・・・・
私はそれについて、私なりにある程度追いつめられたところで考えががあるのだ。

まずひとつは、
保健所に順番待ちのペットを国で飼えばいいんだよ!
税金を使おうじゃないか。
嫌なら増やすな!それだけの事。
節約したかったら、法律で最初から買う時に登録させたり免許が必要だったり、
ブリーダーさんやペットショップに制限設けたり、
国の管理で全国統一すればいいのだ。
法律をそれ様に整えて、違反したら非国民なのだ~!
黙認なんかしないで遠慮無く罰金取って、資金に回せばいいのだ。

もう一つは、
皆意識して保健所の近くに立ち寄った時は寄ってワンニャン見に行けば良いのです。
保健所を流行らせればいい。
何をアホなと思われるだろうけど、
近寄りがたい施設だと思わなければいいんだ。
ハッタリでもいい!
どうにかして、そこにいる動物の中で、それぞれがお気に入りを決めて、
保健所の所長が犬とか猫とか、時には捨てられたお爺ちゃんヤギや豚だっったって良いじゃないか♪
国民投票でニックネーム決めちゃって、
「飼えないけど・・・」と言いながら見に行く♪
そうしたら段々と有名になって、処分が躊躇されるかもしれないじゃん?!

生き長らえる為に募金ボックスが置かれるようになるかも・・・
餌を受け取ってもらえるかも!
お散歩釣れ出しさせてもらえるようになったりして!
それがワンニャンにとって幸せかどうかわからないけど、
保健所が楽しいペット動物園になったっていいじゃないかと私は思うんだ。

以上が、悩みに悩んで、ウツになりそうになって考えだした私の意見です。
ちなみに、意見の相違はあっても誰も攻撃したくはないです。
バカ、アホで結構!!
それぞれに、事情があって意見はある。
あれっ・・・あるのかな・・・・意見。
もしかして何も考えてない?

まあいいや、
兎に角行ってみ!最寄りの保健所とか譲渡会にさ。
# by FUKAKEY | 2016-05-13 01:14 | 保健所って | Trackback | Comments(0)

犬も猫も話かけてくる

もう秋も終わりかけている頃に更新するとは、
どんだけネタがなかったか、
と、言えなくもないけど、
なにも公表してまでカキコみたい話があったかというと、
やはり、なかったみたい。

小寒くなってきて、エアコンを暖房にセットして、
ぽわ~んと気持ちよくなったところで思い出した事を、この先さらに歳くって忘れたくないので
ここに書置きしておきます。

今さらですが、私は動物好きです。
育った環境は横浜の、海から遠い、田舎っぽい山のてっぺんでした。

山の中で幼少の私はいつも、
野猫と野犬と一緒にいました。

犬も!となると
今考えたら毎年狂犬病の予防をしなくちゃならないから
野放されているなんてトンでもなかった訳ですが、
狩猟犬であったろうポインターとか、
黒く毛並みが光るラブラドールとか、大きくて立派で、子供に懐っこくて可愛い子達で、
私は犬が怖い生き物だなんて考えもしていなかったです。
たまに一緒に犬と下山してくると親に怒られました。

しっ!しっ!って遠くから言いながら水をかけて追い払う大人。
私に任せてくれれば、
「ごめんね、またね、バイバイ~」って手を振れば犬は山に戻っていったんだけど、
連れてきちゃった為に犬に嫌な思いをさせてしまった事が思い出されて、
犬の飼い主さんはどこにいるんだろう
どうしたら山にいる事を教えてあげられるんだろう
申し訳ない気持ちから、数ヶ月も経ってから大人に相談したのでした。

それから数日後、大人が話していました。
山に”野犬狩り”が入ったからもう安全だとか。
だからか、
山で遊んでいて一匹の犬も見かけなくなったのは。。。
小川を飛び越え損ねてドボンと落っこちてビショビショになったお調子ものとか、
「よっ!遊ぼうぜ♪」と軽いステップで木の根っこみたいなのをくわえ込んでくる子とか、
もう会えなくなっちゃいました。

私のせいなのかな・・・・・もしそうなら
と、ずっとずっと申し訳ない気持ちのまま何年も暮らしていましたよ。

山では、猫にもよく出会いました。
向こうから来るんだよね。私に声をかけてくるの。
私は田んぼの横を流れるドジョウがいる小川がお気に入りで、
いつもしゃがみこんで手を突っ込んで遊んでいる所。
猫はわざわざ横に来て水を飲むんだわ。
飲み終わってから”にゃあ”とか言うの。挨拶だったと思ってます。

私は特に名前をつける訳でもなく、猫を可愛いという位置づけで見るというより(可愛かったけど)
お互い動物同士、互角の立場で一緒に過ごしていましたよ。

言葉はわからないけど、お互いにそんなことお構いなしに話しかけ合い、
とくに猫のよくわかるのは
「こっちにきてみなよ」って誘う時の”ニャア♪”
前に回りこんで、先を歩いてちろちろとたまに振り向くんだよね。
子供がいるんだよって、
人間の私はヤブを倒しながら進まなきゃ入れない先に4匹くらいの赤ちゃん猫がいて、
「見せてくれるんだ?ありがとう!!」って、お礼を言うと
のそのそ~っと子猫に寄り添って、ごろ~んと横たわって授乳シーンも見せてくれてた。

みんな、いいやつでした。
でも、私のせいで、みんないなくなっちゃった!!
きっとそうなんだ・・・

その頃の私の住まいは、
親とその親戚が集まって自分ん家村みたいになってました。

私が物心ついて小学校を上がる前までは
大人たちは皆仲が良かったんですが、
学歴とか収入とか、そんなところに見栄っ張りで性格はきつかった。
親のいない所でオバサンは私に
「あんたはダメね。意地ってもんがない」 とか言ってくれたっけな。

親同士は兄弟姉妹なんだけど、金の貸し借りで徐々に険悪になった様で、
よくわかんないけど、
私の親はなにやらブチ切れたらしい様子になったなあと思ってたら引っ越す事になった。

私は山にさよならをしなきゃならなくて
犬にも猫にも、なんの罪滅ぼしもできないままに、横浜を出て川崎に移動したのでした。

便利なとこだよね。川崎市。
商店街がお祭りの縁日みたいに毎日賑わってて、
でも、山遊びに慣れてた私には整地された公園しかなくてさ。
そうそう!
井田山ってお山の傍だったからさっそく遊びにいきましたよ。
防空壕があってね。
当時は入れたんですよ。
兄も面白がって、早速に友達と探検に入っては走って逃げ出てきたりして。
仲間に入れてもらえない私は、一人で奥まで入って、
でも、特に何もないので、なんだつまらん!と普通に出てきてさ。

その後直ぐに、防空壕は立ち入り禁止になちゃった!!!
おいっ!またしても私のせいなのか?!
しかし、猫はいました。 
お向かい様の専属のお猫さまで、塀の上からすっごい低音で話しかけられましたよ。
「何もんなんだよおまえ!」ってね。
お前こそなんなんだよっって言い返すと、お向かいさんがその猫を呼ぶんです。
「みちこちゃ~ん、遠くにいっちゃだめよ~」だったっけか・・・・

だからね、
動物に対して私は上も下もない、
お互いに好きなように生活をしている互角な生き物と認識しているのであります。
だから、だからさ!
人間が捨てたとか、彼らを処分するのは可愛そうだとかいう言葉が不思議でしょうがないです。
申し訳ない!という気持ちこそあれ、かわいそうって、失礼じゃないか?
互角に考えていないよね。 

この話 次回に続くかも
明け方の4時25分になっちゃった!
ご飯炊いてきます。 
# by FUKAKEY | 2015-11-04 02:48 | | Trackback | Comments(0)